フランス生活 美容と健康

フランス美容専門医おすすめ、最新アンチエイジングケアの秘訣 

世界をリードするフランスの美容専門医たちが語る、若々しい肌を保つためのアンチエイジングの秘密。

この記事では、年齢を重ねても美しさと若さを保つために、フランスの美容専門医が推奨するアンチエイジングケアの秘訣やフランスの最新美容情報、フランス流美容をご紹介します。

アンチエイジングへのフランス流美容

フランスの美容文化では、化粧よりも肌の健康と自然な美しさを重視する傾向にあります。

フランスでは、健康的な日焼けした肌が美の象徴とされ、多くの人々が、ビタミンDの補給と自然な肌の輝きを目指し、晴れた日には公園のベンチやカフェのテラスで日光浴を楽しんでいます。

しかし、年齢と共に、紫外線の影響でシミやしわが目立ち始めるのも事実です。

この点では、紫外線対策を徹底している日本の美容文化の方が、年齢を重ねても肌の状態を保つ点で優れていると思います。

フランスの皮膚科医や美容専門医も、日焼けによる肌への影響を認識し、健康的な肌を保つためには、日光の恩恵を受けつつも、過度な日焼けを避け、肌の保湿の重要性を指摘しています。

フランスの美容専門医がすすめるアンチエイジングケア

多様なアンチエイジングスキンケア製品が市場に出回っていますが、フランスの美容専門医おすすめの効果的なスキンケア方法についてご紹介します。

朝のスキンケア

保湿クリームとともに、シミを防ぐためにビタミンC入りのクリームかセラム(美容液)を付けます。

高価な化粧品ほど効き目があるのではと思ってしまいますが、どのメーカーでも肌に合っていれば同じだそうです。

紫外線の強い季節には、日焼け止めクリームを外出時に付けます。

朝のスキンケアは、健康的な肌の基盤を築く重要なステップです。まず、肌の保湿に重点を置いたクリームを使用します。

これに加えて、シミを予防するためビタミンC配合のクリームやセラム(美容液)を塗ります。

ビタミンCは、抗酸化作用により肌を明るくし、肌のトーンを均一に保ちます。

価格が高い化粧品ほど効果があるわけではなく、大切なのは肌質に合った製品を選ぶことだそうです。

また、紫外線が強い季節には、UVカット効果の高い日焼け止めを外出前に忘れずに塗ってください。

ビタミンC入りのクリーム : フランスの人気スキンケア商品の一つ ラ ロッシュ ポゼ (La Roche-Posay)

夜のスキンケア

夜のスキンケアでは、日中のダメージから肌を回復させることが重要です。

保湿クリームの使用に加え、皺を予防するためにレチノール入りのクリームの使用がおすすめだそうです。

レチノールは、細胞の再生を促し、肌の弾力を保つ効果があります。肌の乾燥は皺の一因となるため、夜間の保湿は特に重要です。

また、肌のタイプや年齢に合わせて、適切な製品を選ぶことで、より効果的なアンチエイジングケアが実現します。

レチノール入りクリーム : フランスの人気スキンケア商品の一つ アヴェンヌ (Avène)

これらのスキンケア方法は、フランスの美容専門医がすすめる、シンプルで効果的な方法です。

肌の健康を保ちながら、年齢に応じた美しさを維持するために、日々のルーティンに取り入れてみてくださいね。

フランスでは、ゲラン (Guerlain)、シスレー (Sisley)などのような高級スキンケア商品だけではなく、ドラッグストアなどで購入できる、フランス国内外で高く評価されている商品がたくさんあります。

ブドウ由来の成分を特徴としたコーダリー(Caudalie)

天然成分に重点を置いた製品が多く、特に多機能なドライオイルとして広く愛用されている「Huile Prodigieuse」(プロディジューオイル)で有名なニュクス(Nuxe)

アヴェンヌ温泉水を主成分とした敏感肌やアトピー肌向けの製品で特に有名なアヴェンヌ (Avène)

敏感肌を対象とした製品が豊富で、皮膚科医によって推奨されることも多いラ ロッシュ ポゼ (La Roche-Posay)

パリ市内では特に以下2店が格安ドラッグストアで知られています。

セール会場のように毎日混んでいますので、平日の午前中がおすすめです。

Citypharma シティファルマ

26 Rue du Four, 75006 Paris 

月曜日ー金曜日 : 8時30分~21時 土曜日 : 9時~21時 日曜日 :12時~20時

メトロ: 4号線 Saint-Germain-des-Prés 10号線 Mabillon

Pharmacie Monge ファルマシ モンジュ

1 Pl. Monge, 75005 Paris 

月ー土曜日 : 8時~20時 日曜日 : 8時~19時

メトロ : 7号線 Place Monge 

フランスにおけるボトックスとヒアルロン酸の現状:人気と安全性

フランスにおけるボトックスとヒアルロン酸注射の使用は、美容医療においてとても人気があり、多くの人々に受け入れられています。特に、パリなどの大都市では、これらの治療を提供するクリニックが数多く存在し、効果的なアンチエイジングとしての地位を確立しています。

ボトックスは、主に顔の表情ジワを目立たなくするために使用されます。筋肉の動きを一時的に抑制することで、皮膚の表面を滑らかにし、年齢に関連する細かなしわや額の横じわを減少させる効果があります。

一方、ヒアルロン酸注射は、肌のボリュームを増やし、しわやたるみを改善するのに使われます。ヒアルロン酸は肌に自然に存在する成分であり、肌に水分を与えることでハリと潤いをもたらします。

フランスでは、これらの美容医療手段が高い人気を誇る一方で、安全性に対する意識も非常に高いです。美容クリニックでは、施術前に患者の健康状態やアレルギー歴に関する詳細なカウンセリングを行い、リスクを最小限に抑えています。

また、施術者は通常医師であり、美容医療の専門知識を持っています。

その一方で資格を持たない人々による低価格の美容医療が問題視されたこともあり、これらの施術は安全基準を満たしていず、望ましくない結果を招く恐れがあります。

もし美容医療を検討しているなら、安全と効果を確保するために、必ず資格を持つ医師を選ぶことが重要です。

フランスにおいて、ヒアルロン酸やボトックス注射を行う医師は主に、美容外科専門医、または「美容形態学およびアンチエイジング医学」における専門知識を持つ皮膚科医や一般内科医が担当しています。

これらの医師は、美容に関連する医療手法に精通していて、安全で効果的な治療を提供するための訓練と資格を有しています。

一般的に、美容外科専門医は皮膚科医や一般内科医と比較して、報酬が高い傾向にあると考えられます。

医師を選ぶ際の重要な基準は、施術を受ける前に行われる事前診察だと思います。

事前の診察を通じて十分な情報を提供し、疑問に対して詳細な説明と明確な回答をする医師を選ぶことを強くお勧めします。

パリで高評価を得て予約が取りにくいほど人気のアンチエイジング専門医の一人が、Dr Jennyfer Peltz-Aïm です。

説明も詳しく安心して任せられるおすすめの医師の一人です。

英語版のサイトもありますので、もしパリで施術を受けたい場合は参考までにご覧ください。

結論としてのフランスの美容

フランスの美容は、外見だけでなく、全体的な健康と生活の質に重点を置くという理解に基づいているようです。

美は表面的なものではなく、健康的なライフスタイル、バランスの取れた食事、適度な運動、そして精神的な幸福から生まれるものと捉えられ、アンチエイジングに関しても、年齢を自然に受け入れ、それを美しく飾る方法を探求しています。

日常のスキンケア、健康習慣、そしてポジティブな生活態度を通じて、内側からの美を大切にすることが大事ですね。

\パリから便利な日帰り旅行 日本語ガイド/
Powered by GetYourGuide

よく読まれている記事

Instagram @soleil.750 フォローありがとうございます。

-フランス生活, 美容と健康

© 2024 ソレイユ ブログ