© https://www.toureiffel.paris/

2024年フランス革命記念日(パリ祭)エッフェル塔花火 : オリンピックのため無観客開催

毎年7月14日フランス革命記念日に打ち上げられるエッフェル塔の花火は、パリ市民も観光客も楽しみにしていますが、2024年はパリオリンピック開催前ということもあり、エッフェル塔のあるシャンドマルス公園周辺は、準備のため閉鎖されています。

シャンゼリゼ大通りの軍事パレードも、花火大会前のコンサートも2024年は場所が変更されました。

オリンピックの影響で大きく変わった今年の革命記念日のイベント詳細をお伝えします。

無観客で行われるエッフェル塔の花火大会

7月14日革命記念日に、エッフェル塔から打ち上げられる花火は、パリ市民や観光客にとって一大イベントです。

しかし、2024年はオリンピック準備のため、花火大会が無観客で行われることが決定しました。

シャン・ド・マルス公園にはオリンピック競技場が設置されていて、安全面を考慮しての措置です。

エッフェル塔の花火大会が無観客で行われることは、多くの市民にとって衝撃的です。

それでも、花火を楽しむ方法はまだあります。

パリには、花火を楽しめる多くのスポットが存在します。 セーヌ川クルーズを利用したり、レストランの屋上などからは、エッフェル塔の花火を遠くから眺めることができます。

特に、ディナー付き遊覧船は人気が高く、花火と共にクルーズを楽しむ贅沢なひと時を過ごすことができます。

Powered by GetYourGuide

花火はテレビでも生中継されるため、パリにいなくても見えますが、やはり実際に見る方が何倍も感動します。

テレビ中継は毎年 France 2 で、コンサートの始まる21時ごろから始まります。

花火は日没後、コンサート終了の23時から約30分続きます。

革命記念日とオリンピック聖火リレー

準備中のパリ市庁舎前

今年の革命記念日は、オリンピック聖火リレーがパリを駆け抜けるという特別なイベントも加わります。

7月14日と15日、聖火リレーがパリ市内を巡り、多くの市民が沿道に集まってその姿を見守ることが予想されています。

7月14日聖火リレーの最終地点は、パリ市庁舎前です。

通常シャンドマルス公園で行われる花火前のコンサートが、今年は市庁舎前に場所を移して開催されます。

コンサートの後、23時頃にオリンピックの聖火が到着し、聖火台に点火され、同時にエッフェル塔から花火が打ち上げれる予定です。

合わせて読みたい
7月14日フランス革命記念日(パリ祭) : エッフェル塔の花火と軍隊パレード徹底ガイド

続きを見る

革命記念日軍事パレード

©Armée de Terre /Ministère de la Défense

毎年シャンゼリゼ通りで行われる軍事パレードも、今年は聖火がシャンゼリゼ通りを駆け下るため、フォッシュ通り ( Avenue Foch) に変更されました。

パレードは朝10時から始まり、終了は11時41分を予定されています。

市民イベントの中止と交通規制による影響

オリンピック準備の影響で、多くの市民イベントが中止となっています。

特に音楽フェスティバルや文化イベントは、例年多くの人出が予想されるため、安全を考慮して中止が相次ぎました。

このため、市民の夏の楽しみが減少し、不満の声も聞かれます。

また、オリンピック会場へのアクセスを確保するために、パリ市内の多くの地下鉄駅が閉鎖されるなど、交通規制も厳しくなり、移動が制限され、市民の生活だけではなく、観光客にも大きな影響を与えています。

パリ・オリンピック、パラリンピック期間前後のパリ地下鉄閉鎖駅

続きを見る

パリオリンピック2024:橋の閉鎖による交通渋滞とフォトスポットの影響

続きを見る

パリオリンピック : パリのセーヌ川で行われる初の開会式詳細と見どころ

続きを見る

Powered by GetYourGuide
\パリから便利な日帰り旅行 日本語ガイド/
Powered by GetYourGuide

フランス・パリの様子をインスタグラムに投稿中 : Instagram @soleil.750

error:

© 2024 ソレイユ ブログ