7月14日フランス革命記念日(パリ祭) : エッフェル塔の花火と軍隊パレード徹底ガイド

毎年7月14日に開催されるフランス革命記念日 (パリ祭) は、フランスでは 14/7 ( キャトルズ・ジュイエ ) と呼ばれ、フランスの国民にとって重要な祝日です。

特にパリでは盛大に祝われ、エッフェル塔での壮観な花火と、シャンゼリゼ通りで行われる軍隊パレードで知られています。

この記事では、パリ祭で特に注目すべきイベントの見どころやスケジュールなど、パリでの体験を最大限に楽しむための情報を紹介します。

7月14日フランス革命記念日(パリ祭) とは ?

毎年7月14日は、フランスで「バスティーユ・デー」として知られるフランス革命記念日(パリ祭)です。この日は、1789年にパリ市民がバスティーユ牢獄を襲撃した歴史的な出来事を祝う日であり、フランスの国民にとって非常に重要な祝日で、フランスの国旗(トリコロール)に象徴される自由、平等、博愛の理念を祝う日です。

この記念日には、パリを中心に全国でさまざまなイベントが開催され、特にパリでは壮大な軍隊パレードエッフェル塔を背景にした華やかな花火、そして花火の前に開催されるコンサートが一大イベントとして注目されています。

7月14日 軍隊パレード

© AP Photo/Michel Euler

パリ祭の一環として、毎年7月14日の朝にはシャンゼリゼ通りで壮大な軍隊パレードが行われます。このパレードは、フランスの大統領をはじめ、多くの国内外の要人が出席する重要な行事です。

パレードでは、フランス軍の各部隊が行進し、最新の軍事装備や車両、航空機などが披露されます。また、外国の軍隊も招待され、国際的な連帯感を示す場ともなっています。

軍隊パレードはシャンゼリゼ通りの凱旋門からコンコルド広場までの区間で行われ、観客は通りの両側に集まり、その壮観な光景を楽しみます。パレードは午前10時ごろに始まり、約2時間にわたって続きます。見どころは、フランスの陸軍、海軍、空軍の行進や、パリ市警察のバイク部隊のパフォーマンスなどで、観客はその迫力に圧倒されます。

また、戦闘機による空中ショーも行われ、空からは三色の煙がパリの空を彩ります。

観光客は、フランス軍の歴史と現代の軍事力を象徴する様々な装備や制服を間近で見ることも可能ですが、セキュリティ対策として、シャンゼリゼ通り近辺は閉鎖されているところも多いため、早朝に到着しないとむずかしいのが現状です。

2024年はオリンピックの影響で、フォッシュ通りに変更され、人数制限によりエリゼ宮公式サイトから事前登録しないと不可能でした。
( 登録開始後すぐに満席となり締め切られています)

関連記事
2024年フランス革命記念日(パリ祭)エッフェル塔花火 : オリンピックのため無観客開催

続きを見る

戦闘機による空中ショーも人気の一つで、多くの人がその様子を写真に撮っています。

シャンゼリゼ通りに近づけない場合は、シャンゼリゼ通りと一直線上にある、ルーヴル美術館ピラミッド前(カルーゼル凱旋門)が人気フォトスポットとなっています。

7月14日 エッフェル塔花火前のコンサート

© BestImage, © Pierre Perusseau-Tiziano da Silva / Bestimage

花火が始まる前には、エッフェル塔前のシャン・ド・マルス公園で無料のコンサートが開催されます。このコンサートは、フランス国立管弦楽団や著名なアーティストが出演し、クラシック音楽やオペラ、ポップスなど多彩なプログラムが楽しめます。

コンサートは21時頃から始まり、花火が打ち上げられる23時前まで続きます。

観客はピクニックシートを広げてリラックスしながら音楽を楽しむことができます。特に家族連れやカップルにとっては、ロマンティックなひとときを過ごす絶好の機会です。

このコンサートは、パリ市が主催する一大イベントであり、世界中から多くの観光客が訪れます。観光客にとっても、パリの美しい風景と共に音楽を楽しむことができる特別な体験となります。

7月14日 エッフェル塔の花火

© Arnaud Dumontier pour Le Parisien

パリ祭の夜、エッフェル塔を背景にした壮大な花火が打ち上げられます。

この花火は、毎年テーマが設定され、そのテーマに沿った演出が施されます。エッフェル塔を舞台に繰り広げられる花火は、まるで一つの芸術作品のようです。

花火は23時に始まり、約30分にわたって夜空を彩ります。

エッフェル塔周辺や橋、セーヌ川沿いなどが絶好の観覧スポットとなります。

特にシャン・ド・マルス公園は多くの人で賑わい、ピクニックをしながら花火を楽しむ家族連れや友人同士のグループで溢れかえります。

花火の演出は、音楽とシンクロする形で行われ、クラシック音楽から現代のヒット曲まで幅広いジャンルが使用されます。

音楽を聴きながら花火を見るなら、シャン・ド・マルス公園です。

その音楽と共に打ち上げられる花火の美しさは、観客の心に深く刻まれ、一生の思い出となることでしょう。

パリ祭の楽しみ方と注意点

© BERTRAND GUAY / AFP

パリ祭を最大限に楽しむためには、事前の準備が大切です。軍隊パレードや花火の観覧スポットは早めに確保することが重要です。

シャンゼリゼ通りやエッフェル塔周辺は多くの人で混雑するため、早めに到着して場所を確保しましょう。

また、飲み物や軽食を持参すると、長時間の待ち時間を快適に過ごすことができます。
シャン・ド・マルス公園には公衆無料トイレがあります。

フランス・パリのトイレ事情 トイレを簡単に見つけられる便利なアプリや利用場所

続きを見る

エッフェル塔の花火は、観光客だけではなくパリ市民にとっても大人気のイベントです。

音楽を聴きながら花火を見ようと、日中から多くの人が、シャン・ド・マルス公園で場所取りをしています。

コンサートの始まる頃には、広い公園が観客で一杯の状態です。

花火のフォトスポットしては、トロカデロ広場周辺が理想ですが、セキュリティ対策として、関係者以外トロカデロ広場や、イエナ橋、ビラケム橋などエッフェル塔フォトスポットが当日閉鎖されているため、シャン・ド・マルス公園はさらに多くの人々で溢れかえります。

人混みを避けたい場合は、セーヌ川クルーズを利用したり、エッフェル塔の見えるレストランなどがおすすめです。

特に、ディナー付きセーヌ川クルーズは人気が高く、花火と共にクルーズを楽しむ贅沢なひと時を過ごすことができます。

2024年はオリンピックの影響で、シャン・ド・マルス公園が入場禁止となったため、早い時点で満席となりました。

当日午後を過ぎると、シャン・ド・マルス公園周辺の地下鉄駅が閉鎖されます。

そのため、往復の時間が通常よりもかかりますので、開いている駅の情報を、パリ交通公団( RATP) の公式サイトで事前に確認しておくことが重要です。

多くの人が集まるため、スリや紛失物に注意し、貴重品は身に付けないようにしましょう。

まとめ

フランス革命記念日(パリ祭)は、フランスの国民にとって重要な祝日であり、特にパリでは盛大に祝われます。

シャンゼリゼ通りでの軍隊パレード、エッフェル塔を背景にした花火、そしてその前に行われるコンサートは、どれも一見の価値があります。

この日を最大限に楽しむためには、事前の準備が欠かせません。

フランスの歴史と文化を深く感じながら、パリ祭の一日を存分に楽しんでください。

合わせて読みたい
7月パリの天気・気温とおすすめの服装ガイド:快適に過ごすための旅行準備

続きを見る

Powered by GetYourGuide
\パリから便利な日帰り旅行 日本語ガイド/
Powered by GetYourGuide

フランス・パリの様子をインスタグラムに投稿中 : Instagram @soleil.750

error:

© 2024 ソレイユ ブログ