© Paris 2024 Olympics

パリオリンピック : パリのセーヌ川で行われる初の開会式詳細と見どころ

2024年7月26日、歴史的なセーヌ川が世界の注目を集める舞台となります。

パリ2024オリンピックの開会式が初めてスタジアム外で行われ、セーヌ川の川面と河岸を舞台にしたかつてないショーが展開されます。

このため、橋の通行止めや厳重な警戒態勢が敷かれています。

開会式の詳細と見どころをご紹介します。

パリのセーヌ川で初の開会式 : 場所・時間

パリ2024オリンピックの開会式は、従来のスタジアム内での開催から一転して、パリの中心を流れるセーヌ川で行われます。

7月26日、19時30分から約3時間のショーが、セーヌ川のオステルリッツ橋から、エッフェル塔が正面に見えるイエナ橋まで、約6キロにわたり、大規模なパレード形式で進行します。

数百名のアーティストが参加し、ダンス、音楽、アートを組み合わせたパフォーマンスが披露され、開会式では100隻以上のボートが使用され、各国の選手たちがこれに乗り込んでパレードを行います。

ユネスコ世界遺産に登録されている、パリのセーヌ河岸には、ノートルダム大聖堂、ルーヴル美術館、オルセー美術館、エッフェル塔など、歴史的、文化的に重要な建物や名所が集中しています。

パリの美しい風景を最大限に活かし、フランスの豊かな歴史と文化を世界に発信する絶好の機会なのです。

当日は、パリ市内に80 台の巨大スクリーンが設置され、多くの人がこの様子を生中継で見られます。

テロ防止のための厳重な警戒態勢が敷かれ、当日は地下鉄駅の閉鎖だけではなく、19時から翌日0時まで、パリから半径150キロメートル以内の空域が閉鎖されるため、飛行機もパリ上空を飛行することは不可能です。

ノートルダム大聖堂への敬意

2024年のパリオリンピック開会式の一環として、ノートルダム大聖堂への特別な敬意を表す演出も行われます。

2019年4月15日、火災で大きな被害を受けた大聖堂の再建と、今年12月8日に予定されている再開を祝うためです。

大聖堂の再建はフランスだけでなく、世界中の人々にとっても重要なシンボルとなっています。

火災からの復興を経て、再びその美しさを取り戻しているノートルダム大聖堂は、フランスの文化的遺産の象徴です。

開会式では、この大聖堂の歴史的な意義と再建の過程を讃える特別なパフォーマンスが披露され、観客に感動を与えることでしょう。

自然光と芸術が織り成す開会式の魅力

パリ2024オリンピックの開会式は、夕暮れ時の自然光を最大限に活かした設計となっています。

この時期の日没は22時過ぎです。

ショーの開始される19時30分頃は、まだ日中の明るさが残っています。

セーヌ川を進むにつれ、美しい夕日がゆっくりと訪れ、イベントの背景が徐々に変化していきます。

この時間帯の光を利用して、アーティスティックディレクターのトーマス・ジョリー氏は、ショーの各シーンに独特の雰囲気と深みを持たせて、パフォーマンスを一層引き立てることを目指しているのです。

日没が過ぎた頃、イエナ橋に到着し、トロカデロ広場での聖火点火によって夜が照らされ、セレモニーのクライマックスを迎えます。

このようにして、2024年パリオリンピックの開会式は、ただのスポーツイベントではなく、文化的な祭典としてもその価値を世界に示すことでしょう。

セーヌ川という歴史的な場所が、国際的な舞台として再び脚光を浴びる瞬間です。

パリ・オリンピック、パラリンピック期間前後のパリ地下鉄閉鎖駅

続きを見る

パリオリンピック2024:橋の閉鎖による交通渋滞とフォトスポットの影響

続きを見る

パリオリンピック2024年 公式グッズ 購入店・人気アイテム 

続きを見る

Powered by GetYourGuide
\パリから便利な日帰り旅行 日本語ガイド/
Powered by GetYourGuide

フランス・パリの様子をインスタグラムに投稿中 : Instagram @soleil.750

error:

© 2024 ソレイユ ブログ