【サント・シャペル 】教会・行き方、入場料、見どころ、注意点を解説

パリで最もステンドグラスの美しい教会として知られている【サント・シャペル 】教会。この教会を見ずにパリ観光を終えられません。


サント・シャペル ( Sainte Chapelle) とは「聖なる礼拝堂」という意味で、ゴシック建築の至宝とされ、パリで必見の教会の一つです。

ただしこの教会は、パリ裁判所の中庭にあるため、警官が多数建物入り口付近で警備をしています。

チケットは事前にオンライン購入をして、理由を聞かれた時に警官に見せると便利です。

知っておくと便利な情報や注意点をお伝えしたいと思います。

【サント・シャペル 】教会・行き方、開館時間

サント・シャペル 教会は、ノートルダム大聖堂のあるシテ島にあります。

住所 : 8, boulevard du Palais 75001 Paris  8番地パレ大通り パリ一区

地下鉄 :
4号線 シテ ( ligne 4 : Cité) 一番近い 
10号線 クリュニ・ラ・ソルボンヌ ( ligne 10 : Cluny La Sorbonne )
1,7,11,14号線 シャトレ ( ligne 1, 7, 11, 14 Châtelet )
出口が沢山あるので、一番教会に近いシテか、歩いて7分くらいのクリュニ・ラ・ソルボンヌがおすすめです。


RER ( 高速鉄道) :
B 線 もしくは C 線 サン ・ミシェル - ノトル・ダム ( RER B/ C Saint-Michel Notre-Dame )

パレ大通り8番地は、裁判所でもありますが、入口には、Sainte Chapelle ( サント・シャペル ) と書かれた赤い看板が見えるのですぐに分かります。

Sainte Chapelle
Sainte Chapelle

開館時間 :
10月1日から3月31日 : 9 時 - 17 時  
4月1日から9月30日 : 9 時 - 19 時

最終入場は閉館時間の40分前

閉館日 : 1月1日、5月1日、12月25日

注意事項

入場するには裁判所中庭を通らないといけないため、裁判所入場と同様、飛行機のチェックイン時のように、荷物検査と身体検査があります。ハサミやナイフ等の危険物や大きな荷物を持っている場合は、入場できないのでご注意ください。

裁判所が開いている平日月曜から金曜日は、建物周辺を警官が警備して、理由なしに入ることを防ぐために、道を封鎖していたりします。理由を聞かれたらサント・シャペル教会見学と言えばいいのですが、入場チケットを見せるよう言われることもあるので、平日の場合は、事前に購入することをおすすめします。

すぐ近くのシャトレ広場 ( Place du Châtelet )や本屋でチケット購入も可能ですが、一番便利なのがオンライン購入です。

公式サイトはフランス語か英語で € での購入ですが、楽天や観光予約サイトでは日本円で購入することもできます。

楽天の場合はポイントがたまります。

【サント・シャペル 】教会・チケット購入の仕方、入場料

シャトレ広場 ( Place du Châtelet ) のキヨスク

10月1日から3月31日 : 9時 - 17時 ( ただし12時45分 - 14時 閉店 )

4月1日から9月30日 : 9時45分 - 18時 ( ただし12時30分 - 14時閉店 )

現金不可能 銀行クレジットカードのみの支払い

本屋  librairie de l'Hôtel de Sully

62 rue Saint Antoine 75004 Paris 62番地サン・タントワーヌ通り パリ4区

火曜 - 日曜 : 13時 - 19時 開店

オンライン購入

【サント・シャペル 】教会の公式サイトから購入します。

英語版もあります。Book your visit onlineのリンク をクリックして次のページ、Choose をクリックします。

サント・シャペル 教会だけの場合は、以下上段 ( Sainte-Chapelle ) から購入したい枚数を選びます。サント・シャペル 教会とコンシェルジュリー( 牢獄 )を一緒に見学したい場合は下段 ( Combined ticket Sainte-Chapelle -Conciergerie ) です。

次のページで希望日と時間を選択して支払いをし、自分のEメールアドレスを記入したら、購入したチケットがEメールで送られてきます。
印刷しなくてもスマホで見せれば問題ありません。

ミュージアムパスをお持ちの方も、"I already have a ticket "から枚数を入力し、日にちと時間を選び購入手続きにすすみます。

この画像の料金は変更されています。

入場料

サント・シャペル 教会だけの場合

大人 : 13 €

18歳以下の子供 : 無料 ( 18歳から25歳までのEU国籍またはEU圏在住者も無料 )

身体障害者 : 無料

【サント・シャペル 】教会・見どころ

内部はそんなに広くはありませんが、上下2層の礼拝堂になっています。

「サント・シャペル 」はルイ9世が、" 聖遺物 "を保存するために建築を命じ、1242年から1248年にかけて建築されたそうです。

" 聖遺物 "って聞きなれない言葉ですよね。イエス・キリストや聖母マリアの遺品、キリストの受難にかかわるものだそうです。

下層礼拝堂 
Sainte Chapelle

入場後すぐの1階は、下層礼拝堂と呼ばれていて、聖母マリア像やルイ9世の像があります。

すぐ左横はお土産物を売っています。

写真で見かける華やかなステンドグラスのサント・シャペルは上層礼拝堂です。上層礼拝堂は身分の高い人しか使えなかったそうです。

上層礼拝堂

下層礼拝堂からせまい螺旋階段を上ると、見事なステンドグラスに囲まれた上層礼拝堂にたどり着きます。

600㎡に及ぶステンドグラスの色が、太陽の光によって変わって見えるので、お天気のいい日中に訪れるのをおすすめします。

以下詳細のパンフレットをご覧ください。

Sainte Chapelle

① キリスト受難の聖遺物を物語るガラス窓 

② 聖ペテロ像 

③ 大聖遺物箱

④ 西のバラ窓

現実世界を忘れるほど、素晴らしく美しいステンドグラスに魅入ってしまいます。
椅子も置いてあるので、じっくりと鑑賞してみてくださいね。

キリスト受難の " 聖遺物 " が保存されている「大聖遺物箱」
Sainte Chapelle
ヨハネの預言書、黙示録を表している西のバラ色
Sainte Chapelle
Sainte Chapelle
ステンドグラスの絵は、聖書の物語になっています。
Sainte Chapelle

【サント・シャペル 】教会・お土産グッズ

お土産コーナーも充実していて、絵葉書やしおり、ステンドグラスのシールなど売っているので、思い出にいいかもしれませんね。

Sainte Chapelle
Sainte Chapelle
Sainte Chapelle

口コミ・評判

Google 口コミも高評価です。

セーヌ沿いに綺麗なからくり時計がありそれに沿ってい入口がある。中に入る。意外に小さい空間。かなり薄暗い。基本教会は明かりがない。そして二階に向かう。すると、360度全てがステンドグラスの宝石のような光に満ち溢れている。あまりの美しさ、煌びやかさに立ちすくむ。何枚も写真を撮ったがライブ感が出ない。NHKにお願いしたいくらい。

日本人ならわかるかな?

列車で長ーいトンネルを走っている。通り抜けていきなり、目の前に広がる世界は白銀。一度東北新幹線で経験したが、その時も車両の中からおお!と歓声があがった。それを思い出す。

サグラダファミリアの中も歓声もの。私はここを意識したオーギュスト・ペレのランシーにあるノートルダム教会も甲乙つけ難い場所である。セットで是非行ってほしい。なおさら夢ごごちを経験するから。

Google クチコミ 2022年6月

シテ島にあるステンドグラスで有名な寺院。ほぼ360度のステンドグラスはカメラにおさまらないのでしっかり記憶に残します。あまりに綺麗だけれど写真に全てを残せないのは残念でした。ずっと見ていたいです。売店に売っているハガキでも、素晴らしさは表せていなかった。一見の価値があります。是非!

Google クチコミ 2022年2月

安心・安全な海外旅行

フランスに旅行したいけれど、言葉が不安、事故にあったら不安という場合は、添乗員付きで自由時間のあるツアーがおすすめです。その場合は現地代理店もある大きな旅行会社が安心です。

JALPAK 、 HIS 社が私のおすすめです。 
パリ支店もあるので、問題があってもすぐに対処できます。

楽しいフランス・パリ滞在をお過ごしください。

関連記事
パリで行きたいおすすめ教会・パリ在住者が教えます

続きを見る

Powered by GetYourGuide
\パリから便利な日帰り旅行 日本語ガイド/
Powered by GetYourGuide

フランス・パリの様子をインスタグラムに投稿中 : Instagram @soleil.750

error:

© 2024 ソレイユ ブログ