フランス語「L」と「R」の発音の仕方・日本語との違いを詳しく説明

日本語と異なる「L」と「 R」の発音。日本語は 区別がないので、口と舌の動きを学ばないと難しいですね。

特に「R 」は英語と全然違うので、フランス語を学び始めた時に最初に学ぶ発音です。

「R」に集中して、「L」の発音をあまり学ばなかったりするのですが、日本語と似ているようで異なる「L」の説明が、どのサイトにも動画にも不足しているように思われます。

「L」の発音を含めて、フランス人の発音専門家に学んだことをお伝えしたいと思います。

何事も練習あるのみ。一緒に頑張りましょう。

「L」の発音の仕方

「L」は日本語の、「ラ リ ル レ ロ 」に近いようですが、舌の位置や動きが微妙に違います。
私も、電話でフランス人に名前のスペルを確認する時、「L」の音は苦手でした。

「L」の音は母音の前と後で、舌の動きが微妙に違うんですね。動画や発音サイトで説明していないので、情報を共有したいと思います。

①日本語の「ラ リ ル レ ロ 」よりも、舌の位置はで、上の歯茎あたりにもっていきます。

②日本語の場合、例えば「ラ」と言った後、舌をすぐに離していると思うのですが、フランス語の場合は違うんですね。

  • 「L」が母音の前にある時 ( 例 le, lit, lent ) 舌を上の歯茎の後ろから前に、滑らせるように動かす
  • 「L」が母音の後にある時 ( 例 il, appel, mille ) 舌を上の歯茎に軽くつける

動画だとこのような説明はないですが、舌の位置が上の歯茎あたりにあるのがわかると思います。

もし日本語のようにすぐに離すと、「les」 と言ったのに「des」 とフランス人には聞こえるようです。

「R」 と比べて「L」だけの の動画が少ないのですが、この動画が分かりやすいのでご覧ください。

「R」の発音の仕方

「R」の発音は英語と全く異なり、頻繁に単語で使われるのでぜひ学んでください。

①舌は口の下の歯茎に軽くふれ、口は軽く開いた状態。

②のどの奥から震わせるように、うがいをする感じで発音。

初心者にはちょっと感覚がわかりにくいと思うのですが、練習として舌を下の歯茎につけたまま、「ラ リ ル レ ロ 」と言ってみてください。

のどが震えている感じがわかるでしょうか? これが出来ればOKです。

舌の位置が近いのが、日本語のは行「 ハ ヒ フ ヘ ホ」。ハ ヒ フ ヘ ホ と言いながら、Rの練習をする方法もあります。

これを説明している動画がありますので、ご覧ください。

語尾にER / IER で終わる 「R」があるとき、この R は発音しない場合が多いです。

例 parler, aimer, papier, crier  例外 cancer, fier, hier, mer …

まとめ

「L」と「R」、舌の位置が全然違いますね。

例えば、Lit ( ベット ) と Riz ( 米 ) 発音ができないと、意味がまったく違ってきます。発音って大事ですね。

発音を説明した本が沢山でていますので、本を読んで勉強するとより分かりやすいと思います。

発音がうまくできるようになると、会話がより楽しくなります。頑張ってください。

Powered by GetYourGuide
\パリから便利な日帰り旅行 日本語ガイド/
Powered by GetYourGuide

フランス・パリの様子をインスタグラムに投稿中 : Instagram @soleil.750

error:

© 2024 ソレイユ ブログ