フランス語 語学

フランス語の発音 rue 「r」 と 「e」を学ぶ

フランス語の発音は、規則さえ覚えてしまえば英語より読み方は簡単です。

アクセントの位置も英語と異なり、基本的に単語の語尾の母音(アクセント記号のついていない eで終わる語尾は発音しないため、その前の母音)になります。

今回は住所を伝える時、頻繁に発音しなければならない rue (通り)、 知っていると便利な 「r」 と 「e」 の発音 について情報を共有したいと思います。

「e」の発音と規則

日本語は常に母音で終わるため、子音で終わる語に母音の音が加わってしまうことがあります。

フランス語の語末の子音は、c,r,f,l (英語のcarefulに含まれる子音) 以外は発音しないことが多いですが、発音する子音で終わる時は、母音を加えないように意識すると、日本語的な発音を避けられます。

サイレント "e" に注意する

フランス語にはアクセント記号のついている 「é, è, ê 」とついていない 「e 」があります。

アクセント記号のついている場合は発音しますが、ついていない場合は、無音の e となり発音しない時があります。

例えばLivre の発音は/livr/となり/r/の発音で終わり、母音で終わっていません。

発音する場合は以下の通りで、/e/又は/ɛ/ の発音になります。

1)1音節で子音で終わっている場合 : des[デ], les[レ]
2) 後ろに同じ子音が2つ続く場合 : je m'appelle[ジュマペル], adresse[アドレス]
3) s,m,n 以外の語尾の子音字の前 : avec[アヴェック], briquet[ブリケ]

https://www.france-jp.net/01cours/04-2hatsuon/index.html

発音しない場合 e ですが、まず語尾で終わる 時です。
例えば rue ( 通り)étudiante ( 学生)。

単語の間で子音に囲まれる 「e 」も発音しない場合がほとんどですが、地方によって多少違いがあり、パリではサイレント e となっても、南仏の場合は、日本語のウに似た音で軽く発音される場合があります。
例えば、samedi ( 土曜日 ) maintenant (今 )
その場合の発音記号は/ə/。日本語の「ウ」に近いですが、日本語の「ウ」より力を抜いて発音する音です。

この発音の動画があるので、ご覧ください。

英語とは異なる「R」の発音

フランス語の「R」は、舌は下の歯茎に軽く触れながら、のどの奥から震わせるように、うがいをする感じで発音します。

コツをつかむために舌を下の歯茎につけたまま、「ラ リ ル レ ロ 」と言ってみてください。

残念ながらフランス語ですが、このやり方を説明している動画がありますので、ご覧ください。

「R 」と「L」の発音の違いや発音の仕方を別の記事で詳しく説明しています。ご参考になればと思います。

関連記事
フランス語「L」と「R」の発音の仕方・日本語との違いを詳しく説明

続きを見る

ひとりでも上達できるように、音声アプリやCD付きで説明しているおすすめの本です。

まとめ

フランス語の説明本に書かれている一般規則ではなく、日本語にないため発音しにくい音や特徴を取り上げました。

自然と発音出来るようになるには、耳で繰り返し聞いて、口と舌が無意識に動くように毎日練習するしかないですね。

頑張って練習して、フランス旅行やフランス人との交流を楽しみましょう。

\パリから便利な日帰り旅行 日本語ガイド/
Powered by GetYourGuide

よく読まれている記事

Instagram @soleil.750 フォローありがとうございます。

-フランス語, 語学

© 2024 ソレイユ ブログ