Eiffel Tower Pink

パリ観光 フランス観光

パリのエッフェル塔がピンク色に輝く日と時間 | パリ在住者による詳細

パリのエッフェル塔は暗くなると一般に金色に輝きます。

他の色に輝くエッフェル塔が見れるのは、7月14日フランス革命記念日の夜の花火の時と、特別なイベントがある日。

2022年の1月1日から6月30日までフランスがヨーロッパ連合(EU)理事会議長国を務めた時は、1月はエッフェル塔がヨーロッパ連合の国旗色に、そしてロシア・ウクライナ戦争が始まった当初そして戦争1年後、ウクライナ支持を表明するためにウクライナ国旗色に輝きました。

さて女性が好きなピンク色のエッフェル塔。ずっと見ていても飽きないきれいな色です。

このピンクのエッフェル塔を見れる日時と写真を撮るのに最適な場所や理由をお伝えします。

エッフェル塔がピンク色に輝く理由

ピンク色のエッフェル塔 10月1日

毎年10月は世界中でピンクリボン月間です。

11人に1人は乳がんと診断されている現在、乳がんの早期発見や治療の大切さを伝えるための期間。

そしてピンク色に輝くエッフェル塔は、乳がんと闘っている女性達を支援するとともに、乳がん早期発見の検査推進メッセージなんですね。

10月1日から1か月間フランスのピンクリボン協会は、パリマラソンなど様々なイベントを通じてキャンペーンを行っています。

エッフェル塔がピンク色に輝く日と時間

エッフェル塔・イエナ橋トロカデロ側 
エッフェル塔がピンク色に輝く日 

毎年10月1日

エッフェル塔がピンク色に輝く時間

この時期の日照時間に合わせて夜20時頃からです。

その前後にピンクリボン月間始まりのイベントがあり、イベント中にピンク色のシャンパンフラッシュを見ることができます。

シャンパンフラッシュは、夜20時以降からエッフェル塔消灯時間までの毎時0分から5分間です。

2023年ピンクリボン協会設立20周年記念

2023年は協会設立20周年により、エッフェル塔だけではなく、凱旋門や国会議事堂も10月1日にピンク色に輝きました。

ピンクリボン月間始まりのイベントが2023年はシャンゼリゼ大通りで行われ、エッフェル塔がピンク色にライトアップされる時間は10月1日夜22時から翌日0時45分と変更されました。

ピンク色に輝くエッフェル塔を見る場所

エッフェル塔・シャン・ド・マルス公園側

エッフェル塔全体を見るのに最適な場所は以下の通りです。

エッフェル塔のあるシャン・ド・マルス公園

場所 : 2 All. Adrienne Lecouvreur, 75007 Paris

メトロ : 6号線 Bir-Hakeim, 8号線 Ecole Militaire, RER C 線 : Champ de Mars Eiffel Tower

エッフェル塔前のイエナ橋付近

場所 : Pont d'Iéna, 75116 Paris

メトロ : 6号線 Bir-Hakeim, Trocadéro 9号線 Iéna, Trocadéro, RER C 線 Champ de Mars Eiffel Tower

高台になっているトロカデロ広場か庭園

場所 : Place du Trocadéro, 75016 Paris

メトロ : 6, 9 号線 Trocadéro

場所を選ぶ時の注意

2021年エッフェル塔ピンク色はャン・ド・マルス公園側のみ

上記3つの場所はエッフェル塔全体の写真を撮るのに最適ですが、2021年はエッフェル塔がピンク色に輝いた時にピンクリボンのイベントが行われたシャン・ド・マルス公園側から見るエッフェル塔しかピンク色に輝きませんでした。

反対側のイエナ橋やトロカデロ広場や庭園から見るエッフェル塔はピンク色が消えていたため、ピンク色の写真を撮るにはシャン・ド・マルス公園側のみでした。

イベントが行われる場合はイベント場所から見るエッフェル塔がピンク色に輝くのは確かです。 

2022年はトロカデロ庭園で乳がんと闘う30 人の女性がパレードを行ったため、トロカデロ庭園側と両脇はピンク色でしたが、シャン・ド・マルス側はピンク色が消えていました。

2023年は、2022年同様トロカデロ庭園側でした。

毎年1週間くらい前になるとエッフェル塔公式サイトが情報を流します。

公式サイトは英語も日本語版もあるのですが一般情報のみで、この情報に関してはフランス語のみのようです。

「ピンクリボン」を身に着ける

乳がん予防・乳がん患者サポートのシンボルマーク ピンクリボン

乳がん患者への支持や乳がん検診推進を目的に作られたシンボルマークであるピンクリボン。

キャンペーンの行われる10月だけではなく年間を通じてピンクリボンを身に着けることによって、乳がん予防や再発の注意を自分に向けることができると思います。

可愛いピンクリボンのペンダントやブローチなどが楽天などで簡単に購入できるので、自分への思いやりや女性として乳がん患者への支持の気持ちで、洋服のアクセサリーとして身に着けたいですね。

そして残念ながら乳がんになってしまっても、現在乳がんは90%治ると言われています。

慢性病と違い治療期間を終えれば過去のこととなります。

希望をもって頑張ってほしいです。

\パリから便利な日帰り旅行 日本語ガイド/
Powered by GetYourGuide

よく読まれている記事

Instagram @soleil.750 フォローありがとうございます。

-パリ観光, フランス観光

© 2024 ソレイユ ブログ