フランス語・12時と2時の発音の違いを聞き取る

フランス語で12時と2時の発音は、フランス語を勉強している外国人にとって、ほぼ同じように聞こえませんか ?

発音記号は違いますが、聞き取りにくい音の一つです。

お昼の12時なのか、午後2時なのか約束の時間を間違ってしまっては困りますね。

正しく聞き取り、発音することは大事です。具体的に説明します。

フランス語12時と2時の発音の違い

12 と2の発音記号は以下の通りです。

douze : [duz]

deux :  [dø]

数字の後の単語が、母音または 、Heure (時間) のような無音の「h」で始まる場合、数字の最後の子音の発音が、次の単語に結びつき発音されるため (リエゾン)、母音の「 u 」と 「ø」 の違いが聞き取れないと同じように聞こえてしまいます。

douze heures [duzœr」12時

deux heures [døzœr」2時

時間の他、以下の例があります。

  1. douze amis – deux amis 12人の友達 - 2人の友達
  2. douze ans – deux ans  12年 - 2年
  3. douze euros – deux euros 12 ユーロ - 2ユーロ


実際に発音している動画がありますので、聞いてみてください。 まずは12時と2時の発音です。

次に12 ユーロと 2 ユーロの発音です。

違いが聞きとれたでしょうか?

12と2の母音の違い ・発音の仕方

12 Douze [duz] の「u」と、2 Deux  [dø] の 「ø 」は日本語の [ う」に近い音です。

12 Douze の場合は、日本語の「う」より口をぎゅっとすぼめ、2Deux の場合は、日本語の「う」より口の筋肉を少しだけリラックスさせて発音すると良いのではないかと思います。

「う」の音に関しては、「フランス語母音「ウ」- [u] [ø] [œ] の発音の違いを学ぶ」をご覧ください。動画や音声と共に詳しく説明しています。

関連記事
French pronunciation
フランス語母音「ウ」- [u] [ø] [œ] の発音の違いを学ぶ

続きを見る


日本語が母国語の人にとって、 Douze やフランス語でよく使う挨拶の言葉 Bonjour の「u」の発音は難しいと思います。

この音を注意して発音すれば、フランス人の発音に近づくと思います。

まとめ

フランス語は、日本語にない母音がたくさんあります。

特にリエゾンによって後の単語につなげて発音するので、より違いが聞きとりにくくなりますね。

もし12時か2時か分からない時は、お昼の12時なら正午 Midi 、午後なら14時 Quatorze heures と別の言葉に言い換えて確認すればいいと思います。

Powered by GetYourGuide
\パリから便利な日帰り旅行 日本語ガイド/
Powered by GetYourGuide

フランス・パリの様子をインスタグラムに投稿中 : Instagram @soleil.750

error:

© 2024 ソレイユ ブログ