フランス生活 医療情報

フランス医療保険の規則ー医者の探し方・選び方

フランスは日本と同様、社会保険方式となっていますが、入院や外来の医療費は、国が定めた金額までしか給付されません。
そのため自己負担額を減らすため、ミチュエルと呼ばれる任意保険に大勢の人が加入しています。
パリで医療保険業務に関わり、知っていると役立つ情報をお伝えしたいと思います。

今回は、自己負担額を減らすにはどのような医師を選べばいいかを説明したいと思います。

自己負担額を軽減する医者の探し方・選び方

フランス社会保険の赤字削減を目的に、オランド大統領時代に取り入れられた制度で、フランス医療保険・セキュリテ・ソシアル+任意保険・ミチュエルの給付額が医者によって変わってきます。
どのような医者を選べば自己負担額が軽減されるのでしょうか?

医者の予約を取る前に、その医者がOPTAM (Option Pratique Tarifaire Maîtrisée)かどうかを確認することです。
フランスの医者はセクター1、セクター2、そしてセクター3の非協定医 ( セキュリテ・ソシアル と協定を結ばない) に分かれています。
セクター1の場合は、フランスの医療保険セキュリテ・ソシアルの定めた金額で、医者は診察代を要求するので問題ありませんが、セクター2の医者の場合は、診察代は医者自身が決めます。
その中でもOPTAMの医者の場合は、報酬金が国の定めた適正価格に収まり、保険金の給付率も良いということです。
医者の情報を確認できるフランス医療保険のサイトはこちらです
この医療保険公式サイトの使い方を説明します。

サイトの見方と医者の探し方

Un professionel de Santé と書かれているところをクリックしてください。

クリックすると以下の画面になります。

2ー自分の受診する医者を知っている場合は医者の名前を記入し、Rechercher( 検索 )と書かれているボタンをクリックします。

-医者を探したい時は、Professionと書かれているところから、赤線のリンクListe des professsionsをクリックして 医者の専門分野を選びます。

一般内科の場合は、Généraliste ( 英語のGP) です。
ここでは眼科医を選んだ場合の見方を紹介します。医療用語は英語と似ています。
眼科医の場合は、Ophtalmologiste を選び、次に場所の選択として、郵便番号や街の名前を記入していくと選択キーワードが表示されます。

例えばパリ8区在住の眼科医を探したい場合、8区の郵便番号75008を選択。
その時 à proximité de ( 近郊 も含む )をクリックするとその近郊も含まれるので、そうでない場合は、クリックしない方がいいと思います。
最後にRechercher ( 検索 )をクリックするとパリ8区眼科医のリストが表示されます。

-自己負担額を少なくするための眼科医の選び方ですが、Type d'honoraires ( 報酬金のタイプ )と書かれているところをデフォルトの Indifférent のまま Rechercher ( 検索 )をクリックすると、全てのタイプの報酬金を要求する医者のリストが現れます。

給付率がいい医者を選びたい場合は、ここで、Honoraires sans dépassement ( セクター1 上記説明) , Honoraires avec dépassements maîtrisés (OPTAMセクター2上記説明) を選びます。

Honoraires libres はセクター2の医者ですが、給付率が悪くなり、Non conventionné は社会保険と協定を結んでいな医者のため、給付率がさらに悪くなります。

-Rechercher ( 検索 )をクリックすると下記のようなリストが現れます。
これは Type d'honoraires ( 報酬金のタイプ ) を Indifférent のまま検索した場合ですが、そうすると自分が予約を取りたい医者がどのタイプの報酬金を要求するのかが、事前に分かります。

青で囲んだ Conventionné secteur 2 は上記説明 Honoraires libres になるため、赤で囲んだどちらかの医者を選んだ場合は、医療保険の給付率が良くなります。
医者の名前をクリックすると報酬金の金額も書いています。

まとめ

ここでは自己負担額を少なくするための、医者選びを説明しましたが、有能な医者かどうかの判断とは全く関係ありません。
医者の処方箋や建物の前の看板に、Ancien chef de Clinique /Ancien chef de Service などと書かれている場合は、信頼できると見なしていいと思います。
しかしそれは過去の経験に基づいて得た地位であり、実際に診察を受けて見て、自分に合っているかを決めるのが大事だと思います。

公立病院勤務ではなく、自由業としてクリニックなどの私立病院で働く外科医はセクター2になりますが、OPTAMとして社会保険に登録している外科医は僅かです。
国が定める適切と見なされる報酬金の枠が、自由業として、クリニックに費用を支払いながら、週60-70時間働く外科医にとって低すぎるからです。

国の社会保険の給付額は変えられないので、個人や会社で加入する任意保険・ミチュエルの還付率が、OPTAMの医者でなくても良い場合は問題ありません。
しかしOPTAM 以外の医者の報酬金の還付率をよくする場合、ミチュエルも国に保険税を余分に支払うことになるため、毎月の保険料も高くなります。

入院・手術のように高額な医療費が必要な場合は、事前にご加入のミチュエルをご確認されることをおすすめします。

ミチュエルの還付金額の計算の仕方に関しては、「フランス医療保険・医者の報酬金自己負担額はいくら?減らし方、計算の仕方」で具体的に説明しています。宜しければご覧くださいね。

詳しい診療科別フランス語医療用語や医療制度・保険に関してはこちらの本をお読みいただければと思います。

診察時にお役に立てれば幸いです。

\パリから便利な日帰り旅行 日本語ガイド/
Powered by GetYourGuide

よく読まれている記事

Instagram @soleil.750 フォローありがとうございます。

-フランス生活, 医療情報

© 2024 ソレイユ ブログ